MIT Cold Fusionのデバイスのビデオがオンラインに

LENR, 常温核融合 | 投稿者: ColdFusion
Jun 11 2012 年

ジェットのエネルギーのミッチェル・シュワルツ氏によって設計および構築されたNanor低エネルギー核反応デバイスのビデオが現在オンラインで入手可能です。デバイスは現在、マサチューセッツ工科大学(MIT)でLENR支持者Peter Hagelstein氏によってテストおよび実証されています。

アメリカで最も権威のある技術学校で、 “常温核融合“デバイスの存在は、エキサイティングな開発です。MITは、軍産複合体に非常に密接な関係を持っているので、これは国防総省の少なくとも何人かの職員が常温核融合を購入するように見えることを証明するものです。

うまくいけば、他の科学者および機関はHagelstein博士のリードに従い、この刺激的な技術に研究所を開くでしょう。Hagelstien氏は、ちょうどボストンの郊外の技術ショーおよびMITのキャンパスにいたバリー・サイモンによって投稿されたビデオに関してコメントしていません。ビデオは5月21日にYoutubeに投稿されました。私はそれが記録された日がいつなのか分かりません。

私はバリーサイモンという人物についてあまり知りません。残念ながら、ボストンの近くに住んでいないのでそこへ行ってたしかめることができません。ここに示されているモデルは、小さな、低温の教室のモデルとして記述されています。

デバイス自体はプラスチック製の小型容器のように見えます。これは大きなデスクトップ・プリンタくらいのサイズです。ガレージで見つけるようなものに見える試験設備もあります。MITはニューヨーク市から車か、電車ですぐの所にあります。さらに、MITは、大きなヘッジファンド・マネージャーが住むことになっているグリニッジ・コネチカットに非常に接近しています。

私は、この装置を見るために何人かのベンチャーキャピタリストおよびヘッジファンド億万長者がそこへ足を運ぶことを願います。私は、MITの他の物理学教授のうちの数人もそこへ行くことを期待しています。私達は、この公表を取得する必要があります。

1週間ほど前に、アンドレア·ロッシの大きな発表をすることについて多くの議論がありました。それはまだ公表されていませんが、もし私が見かけたら投稿します。私の推測では、このロッシ氏の重大発表のように、長い間待たなければならないと思います。(http://energycatalyzer3.com)

LENR研究について米航空宇宙局(NASA)質問に答える

LENR | 投稿者: ColdFusion
Jun 10 2012 年

多くの人々がLENR NASAの関心のレベルに疑問を抱いてきました。あるものはそれらが対象に探している課題に興奮し、他の人々は政府機関が証明されていない科学に税金を費やすかもしれないと懸念しています。

ウェブサイト、“NASA Watch”のKeith Cowing氏は、政府機関が、そのプロトコルに従ってないかもしれないことを懸念しています。彼はサイト上で「NASAのチーフ・テクノロジストおよび主任研究員は、どのようにしてこれらが機関の標準ピア・レビュー・プロセスのうちのどれも経験せずに、納税者ドルで資金提供されることを認めるのだろうか?もしくはRich Antcliff氏とLesa Roe氏は地元のセンターディレクターの裁量秘密資金とこのようなものに資金を提供し、HQに彼らが何をしているのか教えないのだろうか?」

この懸念のために、Cowing氏は、NASAのLangney研究センターのデニス・ブッシュネル氏のもとへいくつかの質問を送り、いくつかの返答を受け取りました。

政府系機関にとって意外なことではありませんが、どんなプロジェクトもいくつかのかなり厳格なプロセスを経らなければならないように見えます。また、ブッシュネル氏は、それらがどうやって、またなぜ研究を始めたか彼の答えで説明してます。

LENR研究に割り当てられた予算は非常に少ないです-これまでのところ、年間$200,000以上。ブッシュネル氏が”ラングレーのセンターリーダーシップ協議会(CLC)がLENR研究を支援するためにオリジナルの決断を下しました。この資金の毎年恒例のC&Iの継続は、ラングレーの上級科学者で構成されていラングレー科学委員会によって承認されました。”と説明しました。

なので、この研究はラングレーのリーダーシップの公式祝福があるようです。ブシュネル氏は、彼の研究の関心についていくつかビデオを出しているJoseph Zawodny氏が、率先して努力している人物であると述べています。それは現時点では小規模な研究ですが、このプロジェクトから開発してものを見るのは興味深いでしょう。(EcatWorld)

米軍が主要なエネルギー不足のための準備、LENRは国防に欠かせないかもしれません

LENR, エネルギーの | 投稿者: ColdFusion
Jun 06 2012 年

米国軍は主要なエネルギー不足が差し迫っていると考え、それのために準備しているようです。最近のニュースレポートで、ペンタゴンがひっそりと、しかし急いで大規模な停電を生き残るための拠点を準備していることを述べています。

言い換えれば将軍と提督は、明かりがまさに近い将来になくなってしまうことを予期しています。デンバー·ポスト紙は、米国防総省は2010年だけで788ものエネルギープログラムに7.98億ドルを費やしたことを報告しました。

それは電力を節約する方法を考案するコロラド州にある国立リニューアブルエネルギー研究所および他の研究施設と緊密に協力しています。プログラムは、グリーンエネルギーとしてもてはやされますが、それらの背後にある本当の目的は明白です。

軍は電気やほかのエネルギー不足のため、ライトがなくなり始めたらそのシステムを稼動させておきたいのです。その記事はは陸軍は電力不足が発生した場合にその稼動しているベースを維持するため、コロラドスプリングスフォートカーソンのスマートグリッドを作成するために700万ドルを費やすだろうと報告しました。

軍はまた、フォートカーソンでタービンを回すために熱風を使用するスターリングエンジンの研究を行っています。多くのオブザーバーは、LENRデバイスが容易にスターリングエンジンに適合させることができることを指摘しています。これらは単に目に見える取り組みで、他にも多くのプロジェクトが軍の背後で動いています。

これらは、米航空宇宙局(NASA)でデニス・ブッシュネル氏とジョセフ・Zawodny氏の作品など、いくつかLENRの取り組みを含めることができます。海軍は何度も終了しているいくつかの常温核融合の研究をしていました。また、国防総省がテストのためのアンドレア·ロッシのECAT LENRデバイスのいずれかを購入していたという未確認の噂があります。

軍は高温核融合にも興味を持っています。インパルス·デバイスのいくつかの小規模高温核融合に取り組む資金を調達できました。軍がLENRのような技術に興味を持っている理由は明白です。近代的な軍隊、海軍および空軍は、エネルギー事業の中にいます。

彼らは、船舶、トラック、戦車、飛行機、ヘリコプターの移動を維持するためにエネルギーを必要としています。エネルギーの十分な供給と近代的な軍事で、ほぼすべての戦場を支配することができます。米軍は、新しいエネルギー源の開発に集中しているので、その戦争の戦闘能力を維持したいと考えています。

低エネルギー核反応が最も有望な新エネルギー源の一つであることは明白です。LENRの開発と完成は、米国およびその他の民主的な国家の防衛に不可欠であることも明らかです。低エネルギー核反応は、将来の治安維持と平和に不可欠かもしれません。(http://coldfusion3.com

ロッシ:600CE-catのテスト30日以上継続

Andrea Rossi, E-Cat | 投稿者: ColdFusion
Jun 05 2012 年

5月17日、Journal of Nuclear Physics ウェブサイトでアンドレア・ロッシ氏は、テストされている600CのEcatリアクターの中で変化させられた粒子の構成についての質問に答えました。彼は、「摂氏600度のリアクターは現在までの20日間稼動している、我々は向上して行っている。我々は明らかにそれを停止させた時、金属の徹底した解析をする。」と答えていました。

テストが終了したのかについての昨日の質問に続いて、もし終わったのならどのくらい継続してテストされたのかという質問がありました。ロッシ氏は「まだ、高温試験の最中だ。我々は数千時間ものテストを行う必要がある。」と答えました。

このテストが進行されて38日目になります-これはつまり、これまでの所900時間のテストをしたことになります。彼が数千時間の試験について話していることから、それはさらに数ヶ月の期間を必要とすることを意味するでしょう。

長期目標がこれらの高温E-catからの一定の発電だとしたら、このユニットがどれだけの時間の渡って稼動し続けることができるか確かめるためにテストする長い時間を持たなければならないでしょう。テストがどのようなことが起きているかは明確ではありません。

ロッシ氏が「我々は改善している。」あるいは「我々は問題を解決している。」といった考えを言う場合、テストが進行中のように、構成を改良するために動いているように聞こえます。私達がこのプロセスの詳細情報を得れることを願います。(EcatWorld)

アンドレア・ロッシ氏の話ではどうやらテストは順調に進んでいるようですね、このテストが終了し、良い結果が聞けることを期待したいです。改良されたE-catが電力を供給できることとなれば、これは日本にいる私達にとって大きな希望の一つになるのではないでしょうか?安全にかつ、地球に優しいエネルギー源を得ることで、多くの人の生活にゆとりができることでしょう。

ブリルアン、十分な資金を獲得

Andrea Rossi, LENR, エネルギーの | 投稿者: ColdFusion
Jun 04 2012 年

ブリルアンエナジーは、どうやら低エネルギー核反応のボイラー技術を商業化するために必要なお金を発見したようです。LENRのスターリングDアレン氏は、Market weeklyにブリルアンの最高経営責任者(CEO)、ロバート·W.ジョージIIは、同社が資金調達で200万ドル受け取ったことを彼に告げたと報告しました。

アレン氏はこの資金源を明らかにしませんでした。ジョージ氏と彼のパートナー、ロバート·ゴーデス氏は、彼らが常温核融合のボイラー技術の開発の次の段階に資金を供給するために200万ドルを必要と述べていました。

アレン氏は、この主張を確認するための証拠を提示しませんでしたが、もしこれが真実であればとても良いことです。ジョージ氏はブリルアンのボイラー技術が数年以内に石炭、石油、既存の発電所で天然ガスボイラーを置き換えし始めることができると述べています。

ブリルアンのブログ上のポストは、彼らが“資金調達の第3回戦”を完了したと述べましたがそれがどれだけの金額を調達したか言いませんでした。ポストはまた、彼らはカリフォルニア州で信頼されている試験施設のSRIを第三世代のボイラー設計のテストのための交渉中であったことを述べました。ブリルアンSRIはどうやらウェットボイラーとドライボイラーを共に協力しているようです。

スターリング・アレン氏は、ブリルアンSRIが6月中旬に新規契約にサインするだろうと、ゴーデス氏が彼に伝えたことを言いました。これはつまりブリルアンボイラー技術の開発を開始しようとしていることを意味しています。

アンドレア・ロッシ氏は1週間以内に重要な発表をするかもしれません。彼自身のブログでE-catの発明は、彼が1週間以内に、高温リアクターに関する重要な発表を行うだろうと述べていました。ロッシ氏は何について発表するのか言いませんでした。伝えられるところによれば、ロッシ氏は、彼が摂氏600度までの温度を生成することができるE-catを作成したとブライアン・ジョセフソン氏に伝えました。

もしそれが本当の場合、それはE-catが蒸気を発生させることができるということを意味するので、これは非常に重要なことです。蒸気、電気を生成し、機械や車両を実行するパワータービンに十分な高温になると思います。

これは本当のことであれば、とても感激なニュースです。ロッシ氏が600度のE-catを発表する可能性があるといういくつかの憶測があります。いつものようにロッシ氏の発表の様子を見守りつつ、今回はできればいくつものステートメントより、証拠が見たいです。(http://energycatalyzer3.com)

米国の電力不足と天に昇るほどの公共料金の上昇、LENRは可能性のある解決策

LENR, エネルギーの | 投稿者: ColdFusion
Jun 01 2012 年

証拠は、米国およびカナダはすぐにでも、パキスタン、日本、チリ、インドを苦しめているような電力不足に直面してしまうことを示しているように思われます。ニューヨークシティの1時間における1キロワットの卸値が、桁外れに大きい1,647.56ドルまで上昇したと5月29日のブルームバーグ上で報告されました。

ニューヨークの電気料金Consolidated Edison またはCon Edは、通常、スポット電力に1キロワット当たり約50ドル払っています。スポット電力とは、工場が十分な電力を提供できない場合に、Con Edがグリッドを購入している追加の電気のことです。

スポット電力の価格は、電力需要を引き上げた北東部および中西部の暖かい気温の記録のため、5月29日に上昇しました。Con Edの代表者は、彼らの会社が消費者に対しこれらの価格を渡す必要はないと主張しています。基本的な経済学では、Con Edは、これらの費用をカバーするために遅かれ早かれ、電気料金を引き上げなければなりません。

この事件は、米国、おそらくカナダが深刻な電力不足に直面していることを示しているように思われます。グリッドはもはや私達のニーズを単に供給することができません。私達は、今低エネルギー核反応などの選択肢を検討して起動する必要があります。

LENRは石炭と既存の発電所の天然ガス燃焼ボイラーを置き換える、そして新しい発電所に使用することができます。それが汚染を生成しないこと、そしてLENRプラントに燃料を供給するために大規模な輸送やパイプラインの基盤を必要としないので、どこにでも置くことができるかもしれません。

低エネルギー原子炉は、ニューヨークのスカイクレーパーの地下室、もしくは大規模な集合住宅内に配置することができます。それらはまたエアコンを置き換え、さらにエネルギー消費を減らすことができる冷却を容易にするため、熱ポンプとして役立つかもしれません。

LENRユニットは、言えばマンハッタン近くの古い鉄道のトンネルやブロンクスの倉庫に配置することもできます。私たちは今、主なLENR研究努力を始める必要があり、それらが私たちのニーズを満たすかどうか確かめるためBrillouinのボイラーおよびアンドレア・ロッシ氏のecatのような装置を評価し始める必要があります。もししない場合、私達の経済はすぐに停止してします可能性があります。

トヨタの座席を製造する会社は、電力不足のために生産を縮小しなければならないということを発表したことから、日本ではすでに深刻な電力不足が起こっていることを示しています。偶然ではなく、トヨタは米国へエンジン生産の多くを日本から移動することを決定しました。

もし私達も新しいエネルギーの源をすぐに活用し始めないと、アメリカでも同じことが怒ってしまう可能性があります。これらのエネルギー源の一つとしてLENRが候補に上がるべきです。NASAでさえ低エネルギー核反応が本物であると考えています。したがって私たちが暗闇で仕事もない生活になってしまう前に政治家達がLENRに本気で乗り出すべきなのです。

NASAの研究者デニス・ブシュネル氏は、それがコスト効率の良い解決策であるとLENRからの電気が石炭の価格のおよそ4分の1であると見積もっています。(ecatnow)

 

サウジアラビアですら、化石燃料の代わりを得ようと必死

LENR, エネルギーの | 投稿者: ColdFusion
May 30 2012 年

サウジアラビアでさえ、低エネルギー原子核反応発電システムの市場があるでしょう。その他の国のように、どうやら、石油に富んだ不毛の王国は化石燃料の代わりを得ようと必死です。サウジ政府は、ロイター通信によると20年以内に太陽光発電で国内電力の3分の1を生成する試みに1000億ドルを費やすことを計画しています。

サウジアラビアがこれをしている理由は明白です、彼らは電気を起こすために一日当たり700,000バレルの石油を燃焼させています。サウジアラビアでは自然や石炭のオイルを持っていません。言い換えれば、電気を作るために石油を売って、利益を出すことができるお金を燃やしているのです。この明白なLENRと他の代替エネルギーシステムのための途方もない機会を作っています。現在サウジアラビアでは、ソーラーシステムを考えていますが、LENRの方が一層それらに役立つでしょう。

LENRはまた、サウジアラビアで石油を処理するため、水(サウジアラビアの供給不足である)を淡水化するため、そしてサウジアラビアの家庭、オフィス、ビジネスやモスクを冷却するために、使用される可能性があります。王国の人々に多大な節約を提供することができるでしょう。このニュースはまた、いくつかの一般的な陰謀説を弱らせます。石油生産国は、代替エネルギーを抑えようとするどころか、残された私達のようにそれを得ようと必死です。

私は、デフカリオン、アンドレア・ロッシ、Brilliouin、Cold Fusion Energy社、ジョージ・マイリー氏や他の人達は、サウジ政府やサウジ王室と連絡を取ったのでしょうか?サウジアラビアは確かにエネルギーを必要としています、また彼らはLENRを働かせるために必要なお金もあります。

彼らはまた、反対を克服するための政治的影響力を持っています。これが利益になるかもしれないので、サウジアラビアは代替エネルギー産業を開発したがっています。

おそらく、そこで新しいLENR研究のうちのいくつかを行うことができるかもしれません、あるいはテストプラントをそこに構築することもできるかもしれません。どうやらサウジアラビアは代替エネルギーに関して非常に深刻です、都市全体がそれに専念しています。それは原子力と再生可能エネルギー研究のためのアブドラ国王シティと呼ばれています。それは頭文字でKA-CAREと書きます。

それはまた別の興味深い問題を提起されます:サウジアラビアまたはKA-CAREはロッシ氏初の1メガワットEcat熱ジェネレーターの謎の顧客なのでしょうか?サウジアラビアはロッシ氏のレオナルド・コーポレーションをコントロールする謎の投資家なのでしょうか?

ロッシ氏は現在、シーメンスのタービンをテストできるようにするのに十分なお金を持っているようです。さらに、サウジアラビアは、ギリシアの明白な経営難にもかかわらず多くの現金を持つように見えるDefkalionに関係しているかもしれないです。(http://energycatalyzer3.com)

NASAはLENR動力飛行機が可能であると考えている

LENR, エネルギーの | 投稿者: ColdFusion
May 29 2012 年

NASAのラングレー研究センターの科学者の一部は、低エネルギー核反応によって稼動する航空機を構築することが可能かもしれないと考えています。ラングレーのチーフサイエンティスト、デニス・ブシュネル氏は、ハイパーソニックトランスポート(次世代旅客機)と“隣人にやさしいパーソナルフライドライブ空気車”(空飛ぶ車)の可能性について言及しました。

最近のビデオでは、ラングレーからの別の科学者、Joseph Zawodny氏はLENR稼動の宇宙船について話しています。そのビデオでは2つのLENR稼動宇宙船のアニメーションが載っています。Zawodny氏はまた、彼がそのような飛行機の開発に無名の契約者と協力していると述べました。

彼らのどちらも、LENRがどのように飛行機に動力を供給するか正確に言いませんでした。私はそれがジェット機のようなものであると想像しています。もう一つの可能性としては、そのLENRが飛行機を推進する上記を作るための液体を加熱するために使用される可能性があります。最後の可能性としては、LENRの爆発的なエネルギーがロケットのように直接、活かされるのかもしれません。いくつかの常温核融合の実験では、爆発が作成されたと報告されています。

これは他の可能な用途があることは言うまでもありません。ジェットを稼動する低エネルギーリアクターもスターリングエンジンと発電機や電力地上者を稼動することができるかもしれません。スターリングエンジンは、タービンを移動するために熱風を使用しています。

さらに、ある種のLENR動力キャノンを指示し、使用することができるかもしれません。これは、発射を推進するためにLENRの爆発力を使用することによって動作します。興味深いことに、アンドレア・ロッシ氏はLENR航空機は何十年も先のことだろうと述べています。なのでZawodny氏とブシュネル氏は彼より先に進んでいるかもしれません。

特に稼動するLENR装置を持っているようには見えないので、これはNASAからの大胆な話です。彼の最新のビデオで、彼はテストユニットと思われる、小さなデバイスを見せましたが、それだけでした。ブシュネル氏はNASALENRについて真剣であること、そしてラングレーのほかの科学者達はWidom-Larsen理論は有効であり、何が起こっているか説明していることを認めました。

機関は理論を検証し、さらに大切なことは、現実の世界で適用できるかどうか確認するためにテストを行っています。ブシュネル氏は、彼の機関は現実的に可能であるかを定めていると述べましたが、約束はしませんでした。ブッシュネル氏は、水素ニッケルLENRデバイスが25%、石炭のコストで世界のエネルギー需要を満たすことができると主張しました。

彼らはまた、偉業を達成するためには世界のニッケルのたった1%が必要だと述べました。ブシュネル氏は、十分なリソース(官僚用語でお金のこと)がLENR研究に対して不足していることを指摘しました。彼のブログ記事は、必死に必要とされるLENR研究のための多くの資金を米国議会に圧力をかけるための努力のように聞こえる気がします。(http://energycatalyzer3.com)

ロッシ:600Cの信頼できるE-catの安定性「非常に近い」

Andrea Rossi, E-Cat, LENR, 常温核融合 | 投稿者: ColdFusion
May 28 2012 年

どうやら、アンドレア・ロッシ氏は彼の新しい高温E-catのテストに集中しているようです、そして彼のJONPサイト上での質問に応答して、いくつかの興味深い詳細を提供しています。下記は最近のそのトピックに関する質問とロッシ氏の回答になります:

Q:それは“最初”のE-catより稼動開始にかかる時間は早いですか、それとも同じですか?

A:最初のEcatより早いです。

Q:それはNi/Hと同じ量を使用していますか?

A:少ないです。

Q:1回の充電で半年間稼動することができますか?それとも新しいバージョンのはNi/Hを早く使用してしまうのでしょうか?

A:はい。

Q;「灰」はまだ30%の銅で構成されていますか?それとも何か変更されましたか?

A:変更された。

Q:あなたはこの新製品は“古いバージョン”とは異なる認証が必要になると思いますか?

A:はい。

Q:新製品がリリースされる時、最初のバージョンと置き換えますか?それとも両方の製品を販売しますか?

A:いいや、それぞれ別の目的を持っているから

非常に重要な目標は、600度で稼動するリアクターの信頼性を安定させることです。われわれは非常に近いところまできている。

ロッシ氏がここで述べていることから、E-catプロセスの中でいくつかの改良があったようです、少ない燃料でより多くの電力を作ろうとしているのはすばらしいことです。ロッシ氏は、以前のバージョンでは、なぜ高温で不安定だったのか、彼のチームは現在理解しているので、新しい構成が出来上がったと以前述べました、これはどうやらプロセスについての知識が成長しているように見えます。

一部の人々は、常温核融合研究の現在の状態がパーソナルコンピューティングの初期の頃であるようなことをコメントしています。私たちは過去を振り返り、初期のコンピューターがどれだけ原始的で弱いものであったかあざ笑っています、しかし当時は本当に最先端で、技術の先進的な作品でした。

現在のコンピューティングはほんの数十年前にあったものから何光年も先のものであり、私たちはLENR研究で同様の軌跡を見ることができました。ここでのロッシ氏の報告進行に伴って、進歩の速度はさらに速くなる可能性があります。(EcatWorld)

NASAからさらなるLENR

LENR, 常温核融合 | 投稿者: ColdFusion
May 27 2012 年

二つの興味深い出版物がちょうど今米航空宇宙局(NASA)から出てきました。一つは記事、もう一つは、NASAが認識するLENRの見込み、また何がこの分野で起こっているのか理解すること、および実際に世界で適用するLENR技術を開発する方法のビデオです。

デニス・ブシュネル、チーフサイエンティストとNASAのLangney研究センターでは、彼がLENRの分野における研究の現状について議論する“低エネルギー核反応、リアリズムとアウトルック”とタイトルをつけられた記事を書きました。

最初、彼は生産されて余分なエネルギーを示す多くの実験の中で本物の何かが確かに起こっていることを主張しています。

「すべての合理的な手段によって、この証拠は何かが実際に起きていることを示しています。そこでLENRは明らかにこの長年の多様な実験的証拠から本物だと言えるでしょう。そして、さまざまな材料(エネルギー追加などの方法)の使用から生じる結果でこれは物理的現象の「狭周波数帯」セットから遠く離れています。」

その後、彼はこれらの反応で何が起こっているかたずねられ、そして米航空宇宙局(NASA)は、何が起こっているかの説明としてWisdom-Larsen理論に引きつけられていることを示しました。彼は理論を下記のようにまとめました。

「理論は、いくつかのエネルギーが水素・陽子と表面に載せるために付け加えられ、もし、表面の構造が高い局所的な電圧勾配を可能にする場合、その後、超低エネルギー中性子につながる重い電子が表面を離れることなう中性子を形成します。

ニュートロンは、ベータ崩壊、熱、そしてベータ崩壊ガンマを熱に変える重い電子と核変換になるアイソトープ・カスケードを設定します。」

ブシュネル氏は、LENR現象を理解するためにまだ多くの研究を行わなければならないと注意して述べています、しかしNASAWisdomLarsen理論の有効性をテストする研究を始めたと言っています。(EcatWorld)